tarp

tarp

GRAPHICS, CI・VI, BRANDING

2018

2018

/

埼玉県蕨市にあるゆったりとした時間を提供するカフェtarp。美味しいコーヒーとオーナーの手作りのケーキやランチを楽しむことができます。名前の由来はキャンプなどに用いられる「タープ」。人々の憩いの場所になるように、ふらっと日陰に入るような気軽な気持ちで来てほしいという思いを込めてネーミングに反映しました。マークのモチーフはオーナーとその息子さんです。

Client:門脇時計
Art Director:三井則文
Designer:三井則文
Illustration:山本香織
Producer:菊池伸