国土交通省松本砂防事務所

「釜ヶ淵堰堤」ツアー企画・グラフィック制作

PLANNING, GRAPHICS, BOOK DESIGN

2021

2021

/

上高地観光旅館組合と国土交通省松本砂防事務所との共同運営による、登録有形文化財「釜ヶ淵堰堤」の見学ツアーの企画、キービジュアルの制作、グラフィック全般の制作を担当しました。

旧釜トンネルを抜けた先にある、国の登録有形文化財「釜ヶ淵堰堤」の魅力と歴史を伝え、上高地観光の楽しみの1つにしたい、さらに砂防堰堤の重要性を多くの人に知ってもらいたい。こうしたクライアントの想いを元にに企画・制作を行いました。

着工昭和11年、完成昭和19年。国土交通省の前身である内務省が当時の最も進んだ技術を用いて建設した日本最大級、最初の石積みアーチ式砂防堰堤。穂高連峰より流れ出る豊かで美しい水が流れ落ちる迫力と豊かな自然との調和、そこにある歴史的背景と歴史、使われた技術をいかに見やすく飽きずに見てもらえるように構成。冊子の形状を縦型にすることで堰堤の持つ迫力を活かしました。

Client:国土交通省松本砂防事務所
ArtDirector:三井則文
Designer:三井則文
Photographer:菊池伸
Producer:菊池伸